証明写真をデータ化して利用する

証明写真をデータ化するメリット

近年では、Webエントリーやインターネットで証明写真のデータを提出することが増えいて、撮影した証明写真をデータ化しなければいけなかったり、 紙の場合、証明写真があらたに必要な場合も、わざわざ撮り直したり、焼き増しをお願いに行くといった手間と時間を省くことができます。 データ化することで、安い価格で簡単にコンビニでいつでも焼き増しが可能です。

写真館のデータ化サービス

写真館や写真スタジオでは撮影した写真のデータをCD-ROMにして渡してくれるところがあります。 お店によってはWEBエントリーシートに使いやすいようにデータをスマートフォンに転送するサービスを行っている業者もあります。 金額的には少々お高くなってしまいますが、プロのカメラマンの撮影したものが簡単に焼き回し可能です。 写真館や写真スタジオを利用する場合は、WEBエントリーシート向けのサービスを展開しているところを選ぶと良いでしょう。

スキャナーからのデータ化はNG

お金をかけずに簡単にデータ化したい場合、写真機で撮影した証明写真をスキャナーを使用してデータを取り込む方法があげられます。 取り込んだ証明写真を画像処理ソフトを使用して履歴書をつくる場合、画像をトリミングしてサイズ調整をしなければならず、意外と手間と時間がかかってしまいます。 スキャナーの場合、写真スタジオや証明写真機よりも画質がかなり落ちてしまうので、見栄えを考えるならばスキャンは避けた方がいいかもしれません。

データ化できる証明写真機

近年では、証明写真機で撮ったデータを専用の無料アプリを使って、その場でスマホに保存することができるといった機種もあり、 WebエントリーやSNSのプロフィール写真などで使用したり、パソコンなどで画像データを自由に利用できます。 その他の機種では、期限内なら何度でもデータをダウンロードできるサービスがある機種もあるので、 これから就活を始めるという人は、WEBエントリーシートの提出に備えて、こうしたデータ化機能のある証明写真サービスを利用しましょう。